建設物価調査会

  • 建設物価調査会 指数グラフ (CRI Index Graph )
  • 未来を創る研究室

 現在、建設業の現場では就労者の高齢化が進み、将来的な担い手の確保が課題となっています。このため、国土交通省では、様々な取り組みによって、建設産業全体の就労環境を改善することで、官民一体となって建設業への入職者の増加を促進しているところです。

 こうした建設生産プロセス全体の改革が進められるなか、将来に向けて魅力ある建設業界の創出と健全なる発展への寄与を目的として、未来の建設産業の一翼を担う若者たち、特に彼ら彼女らが所属する大学の建設系研究室にスポットを当て、「未来を創る研究室」として紹介して参ります。

 研究内容を広く発信することで建設業界との連携が創出され、建設業界を身近に感じることで、将来の入職意識を高めてもらう。また、建設産業側からは、これまで知る機会の少なかった研究内容に触れ、新技術や新工法の開発機会の創出につながるといった、産学連携による建設産業全体の活性化の一助を期待するものであります。

BIMの活用で、建築の新たな価値を創造する
Vol.13NEW
BIMの活用で、建築の新たな価値を創造する
芝浦工業大学 建築学部建築学科 建築生産マネジメント研究室 志手 一哉 教授 建設物価2022年11月号
キャンパスを教材に人の活動を建築デザインに取り込んでいく
Vol.12
キャンパスを教材に人の活動を建築デザインに取り込んでいく
東海大学 建築都市学部 建築学科 岩崎克也研究室
岩崎 克也 教授 建設物価2022年9月号
基礎杭の研究で地震大国ニッポンを支えたい
Vol.11
基礎杭の研究で地震大国ニッポンを支えたい
摂南大学 理工学部 都市環境工学科 地盤工学研究室
寺本 俊太郎 准教授 建設物価2022年7月号
デザインと科学の融合でサスティナブルな都市の創成に貢献
Vol.10
デザインと科学の融合でサスティナブルな都市の創成に貢献
東京農業大学 地域環境科学部 造園科学科 ランドスケープデザイン・情報学研究室 福岡 孝則 准教授、阿部 慎太 准教授、國井 洋一 教授 建設物価2022年6月号
AI技術を活用して建設産業の生産性向上を目指す
Vol.09
AI技術を活用して建設産業の生産性向上を目指す
関西大学 環境都市工学部 都市システム工学科 プロジェクトマネジメント研究室 北岡 貴文 准教授 建設物価2022年4月号
都市が教室であり、実験室。身近な自然を学問に
Vol.08
都市が教室であり、実験室。身近な自然を学問に
中央大学 理工学部 人間総合理工学科 都市生態学研究室 原田 芳樹 助教 建設物価2022年3月号
独自の観測技術によって得たビッグデータで河川を制御する
Vol.07
独自の観測技術によって得たビッグデータで河川を制御する
新潟大学 災害・復興科学研究所 自然科学研究科 環境科学専攻 河川工学研究室 安田 浩保 准教授 建設物価2022年2月号
ナノスケール(10億分の1メートル)からコンクリートの万年をデザインする
Vol.06
ナノスケール(10億分の1メートル)からコンクリートの万年をデザインする
名古屋工業大学 工学部 社会工学科 地球・建設材料研究室 吉田 亮 准教授 建設物価2021年6月号
伝統的な和菓子を愛する研究者が目指す、先進的かつ国際的な学びの場
Vol.05
伝統的な和菓子を愛する研究者が目指す、先進的かつ国際的な学びの場
名古屋工業大学 工学部 社会工学科 北川啓介研究室 北川 啓介 教授 建設物価2021年4月号
数理モデルと現状調査の両面から物質の環境影響を研究
Vol.04
数理モデルと現状調査の両面から物質の環境影響を研究
日本大学 生産工学部 土木工学科 環境水理学研究室 中村 倫明 専任講師 建設物価2020年8月号
オンリーワンの研究で、世界の理科大を目指す
Vol.03
オンリーワンの研究で、世界の理科大を目指す
東京理科大学 理工学部 土木工学科 寺部研究室 寺部 慎太郎 教授 建設物価2020年6月号
近い未来を考える 環境と共生した快適な暮らしのための建築
Vol.02
近い未来を考える 環境と共生した快適な暮らしのための建築
日本工業大学 建築学部 建築学科 環境共生研究室 樋口 佳樹 准教授 建設物価2020年4月号
光環境を知る事で、快適で健康的なくらしを実現
Vol.01
光環境を知る事で、快適で健康的なくらしを実現
千葉工業大学 創造工学部 建築学科 望月研究室 望月 悦子 教授 建設物価2020年2月号

お問い合わせ先

一般財団法人 建設物価調査会
総合研究所 技術研究課
TEL:03-3663-7235 FAX:03-3663-0966